コンパニオンの女性事情|スーパーコンパニオンやピンクコンパニオンは男性の欲望の塊
電話をしていうr女性

コンパニオンの女性事情

踏切の前に立っている女性

スーパーコンパニオンやピンクコンパニオンの女性たちは20代の女の子が多いといわれています。風俗の中でも20代が多い仕事という噂も聞いたことがあります。そんな若い女の子とお酒をかわせるのであれば、キャバクラやガールズバーへ行く必要がなくなってしまいますよね。そんなスーパーコンパニオンやピンクコンパニオン達の女の子事情について明かしていきたいとおもいます。

風俗関係で働いている女の子にも種類があります。1対1で接客し、ご奉仕する方がいいという方や、わいわいして楽しみたいという方。基本的にスーパーコンパニオンやピンクコンパニオンでは、後者のわいわい楽しみたいという女の子が多いです。なので、基本的に普通に話していても楽しいですし女の子も話し上手聞き上手が多いとか。ここの時点だけでも満足してしまってもおかしくはないですよね。
そして、ガンガン下ネタを女の子から話してくる子もいるとかいないとか...そうなってくると男性の欲は止まることをしらないですよね。そして女の子と一緒にゲームをするとさらに距離が近くなってきます。そのゲームでオススメなのがツイスターゲーム。精神的な距離だけにならず、肉体的な距離も近くすることができます。あわよくば女の子のおっぱいやお尻に顔を近づけれるかもしれません。

お酒が入っていると女性がほしくなってしまうのは男性の心理だと思います。風俗店では基本お酒を飲みながらということはありませんが、ここではできます。お酒を飲みながら、キャバクラやガールズバーとは違う楽しみを得ることができます。そんなコンパニオンはいかがでしょうか?